古町糀製造所

ブランドマネージャー候補 3名募集

古町糀製造所などを運営する和僑商店では、老舗・伝統・地域の再生に挑戦するブランドマネージャー候補を3名募集します。

糀を世に問い直した古町糀製造所、酒蔵の今代司酒造、味噌蔵の峰村醸造や越後味噌醸造、漬け魚の小川屋と、創業100年以上の老舗や伝統素材を次々と新しく生まれかわらせていく和僑商店。
既存事業のブラッシュアップはもちろん、再生案件、街を元気にする店の出店、グループ内老舗蔵でのコラボレーションによる新業態開発などに挑戦していきます。このたびさらなる飛躍のため、ブランドマネージャー候補を募集し、育成します。

古町糀醸造所イメージ

ブランドマネージャーとは?

ブランドマネージャーとは、古町糀製造所、今代司酒造、峰村醸造などの各事業責任者のことになります。和僑商店の関連法人の社長と同等の立場であり、和僑商店グループ代表の葉葺のパートナーとして、ひとつの事業を創り込んでいくポジションです。事業計画の作成、販売計画やマーケティング、スタッフマネジメントなど事業の運営すべてに関わります。

かなりハードルの高い仕事に感じるかもしれませんが、すでに20代のスタッフ、30代前半で挑戦しているポジションです。
仕事を丸投げし、すべてゼロから考えろ、というわけではありません。
再生案件に挑む中で、社内外でデザイン・ブランディングチーム、商品開発チーム、ビジネスフロー構築チームなど出来上がってきました。それらのチームと議論しあい、数字の見方やデザインの整え方を学び、事業の創り込みを行いますので、サポート体制は整っています。
「地域で活躍できるリーダーを育成していきたい」という思いがあり、伸びしろのある人材を望んでいます。ですからブランドマネージャー"候補"としております。ゆくゆくはひとつのブランドを背負ってもらいます。
和僑商店グループは、新しく加わるブランドも、既にあるブランドも、同じ事業スキーム、スタイルで運営し、ブランド間の連携も頻繁にあります。新旧どのブランドでも同じやりがいをもって頂けると思います。

メンバー写真

*商品開発、マーケティング、イベントなどブランドの垣根を超えて協力し合える職場です。左から 峰村醸造、古町糀製造所、今代司酒造のメンバー。

求める人物像

今回募集するポジションは、受け身の姿勢では全く務まりません。
事業をまかせ、組織を率いていくことになりますのでリーダーシップ、コミュニケーション・マネジメント能力も問われます。
職場で一匹狼的に実績をだしてきた人は、このポジションには向きません。
社内外のチームのサポートや和僑商店のノウハウの共有はありますが
それをもとに、自ら考え、行動し、創り上げていく姿勢をもった人物を求めています。

挑戦する先輩たち

越後味噌醸造株式会社 代表取締役社長 木龍康一 32歳
関連企業の製造スタッフから社長に抜擢。事業承継後、V字回復に驀進中

新潟の小さな食品問屋で働いていた私ですが、和僑商店がリブランディングした今代司酒造の酒造りで関わり、発酵食、伝統産業に興味を持ち始めました。
しばらくすると、斜向いの味噌蔵の峰村醸造の事業を和僑商店が承継することになり、そのメンバーとして関わらせてもらうことになりました。当初、事業をまかされると張り切っていたのですが、既存社員のマネジメントをうまく行えず、マネージャーから降りることになりました。悔しい想いをして2年目を迎えたとき、和僑商店で越後味噌醸造の事業承継を行うことになりました。「前回の失敗は挑戦した証。挑戦したものにしか成功もないから」と再びチャンスを頂き、社長として挑戦させてもらいました。

過去の失敗を糧に、事業はV字回復してきています。今は、豊富にある木桶を活かした「発酵テーマパーク」を目指して、この地の観光の拠点になれるように構想中です。
老舗企業を任せてもらっている責任・一緒に闘ってくれているスタッフの皆・越後味噌醸造の今後に期待してくれている地域の皆様のためにも、日々挑戦していきます。

木龍康一

株式会社小川屋 ブランドマネージャー 大橋祐貴 29歳
Uターンで地元新潟へ。新潟を代表する老舗の再興に挑戦

新潟出身の私は、関西の大学を卒業後、都市銀行就職、その後ファストファッションの企業で経験をつみ、今回、新潟を代表する老舗企業 小川屋のブランドマネージャーとなり、事業再興を任せていただくことになりました。
収入の多さで言えば大企業を辞める必要はなく自分の成長のみを考えるのならば、今までの職場でも可能でした。

今の日本は人口減少からくる産業の減少、それは地方で顕著に現れています。地方の商店街の衰退や今回のように老舗企業の存続も問題です。
自分の仕事が社会の再生に寄与できることが実感でき、仕事を通じ、自分が周囲にプラスの影響を与え続けられる人になるためと考えた時、転職からの挑戦を決めました。

一見するとデザイン性だけが注目されがちな和僑商店ですが、物事の組み立て、ビジネスフローの構築は理路整然としており、地方の老舗企業でこれをやり抜けばV字回復しないわけない、と思うのです。
取り組みはまさにこれから。楽しみです。

大橋祐貴

募集職種、勤務地etc

*各ブランドで諸条件が若干変わります。

職  種 : ブランドマネージャー
人  員 : 3名
配 属 先 : 適正に応じて各ブランドへ配属。
  関連会社への出向、新ブランド立ち上げの場合もあります。
勤 務 地 : 新潟市中央区およびその周辺
勤務時間 : 9時~18時(各ブランドで異なります)
年間休日 : 93日   (各ブランドで異なります)
加入保険 : 厚生年金、健康保険、雇用保険、労災保険
賞与支給 : 有り(担当部署の業績によるもの)
手 当 て : 有
昇  給 : 有

応募方法

写真付き履歴書および職務経歴書を、下記住所まで郵送、または下記メールアドレスまで
メール添付でお送りください。
その際、下記3つの項目もお書き添えください。書類審査は届き次第、随時行っていきます。

① 勤務開始可能日(おおよそでも結構です)
② 現在または直前の雇用形態および年収
③ 希望条件(希望年収など)

締切 2017年2月28日(火)必着

<宛先>
株式会社和僑商店
〒950-0084 新潟県新潟市中央区明石2-3-44
yanagibori@jukkoku.com
採用担当:柳堀

メールでのご応募はこちら